イメージ 1

2015・9・30
先日・maturikaさんのブログで所沢にある金仙寺の彼岸花を紹介されていました。
ひろさんと一緒に金仙寺に行って来ました・彼岸花が綺麗に咲いていました。
今頃は彼岸花も終わって居るかも知れませんね。
金仙寺の庭先に大きなしだれ桜の木が有りましたが春には綺麗なのでしょうね。

イメージ 2

別所山・西光院金仙寺と称し、真言宗豊山派で長谷寺を総本山とします。 今から1100年前に覚堂という僧が空海作といわれる"阿弥陀如来像"を本尊として開山しました。 天正18年に堯戒律師が、堂入りにあった寺を現在地に再建し、 その後、徳川幕府から寺領九石を与えられました。 本堂内陣は、本尊阿弥陀如来の向かって右に宗祖弘法大師、左に中興の祖・興教大師および観音菩薩、 不動明王が安置されています。 狭山丘陵の自然に抱かれ、狭山湖畔の山並みが目の前に迫る、 その自然に魅せられて、四季を問わず多くの人々が訪れます。インターネット

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6右下のイメージ 7をクリックして見て下さい。










イメージ 8

イメージ 9


酔芙蓉と彼岸花










イメージ 10
彼岸花と黒アゲハ













イメージ 12













珍しい花が咲いていました・名前は?

イメージ 11