イメージ 1

食事前にお店の前を通っていた江ノ電を撮りました。


しらす丼でお腹も一杯・・江の島の海岸迄歩いて・息子が江ノ島まで行って見ますか。
甥っ子も私も江ノ島迄行った事がないので江の島弁天橋を渡りました。
江ノ島シ-キャンドル迄行く積りでしたが青銅の鳥居が人で一杯~辞めました。

イメージ 4

江ノ島弁天橋は人で溢れていました。

イメージ 5

湘南を代表する景勝地であり、古くから観光名所となっている。神奈川県指定史跡・名勝、日本百景の地である。交通機関の駅名などでは江ノ島と表記することも多いが、住居表示・公文書等で使われる公称地名は「江の島」と表記する。古くは江島神社(日本三大弁天の一つ)に代表されるように「江島」と表記されていたこともある。この項では、陸繋島および地名の江の島について記すが、一般的には対岸の片瀬、鵠沼地区南部を含む一帯の観光地として認識されることが多い。インターネットより
 
イメージ 6
右下のイメージ 8をクリックしてしてみて下さいね。









イメージ 9

イメージ 7













江の島神社迄行く積りでしたが青銅の鳥居が混雑していましたので取り辞めて戻りました。

イメージ 3

江の島弁財天信仰の象徴である青銅の 鳥居が創建されたのは延亨4年(1747)のこと。現在のものは文政4年(1821)に再建され たもので、約200年の間、潮風をうけながらその姿をとどめている。両柱には再建に協力した寄進者の名前が記され、信仰の厚さを物語って いる。鳥居をくぐると江島神社へと続く参道で、土産物屋がずらりと並んでいる。

帰り道で記念写真

イメージ 10