13時40分おみやげ市場 の二階で昼食です~美味しいお寿司を頂けました。
 
 
イメージ 1
 
 
 
此れから最後の結願寺~那古寺に向かいます。 
 
 
イメージ 2
 
 
 
33番 補陀洛山 那古寺(那古観音)
 
詠歌:補陀洛はよそにはあらじ 那古の寺 岸うつ浪を 見るにつけても
 
 
那古寺は、那古山の中腹に立つ坂東三十三番観音霊場の結願寺です。創建は、養老元年(717年)に元正天皇の病気平癒に行基が海中より得た香木で千手観音菩薩像を刻み祈願したら、たちどころに病気が治り、その報謝で建てられたのが那古寺の始まりと言われています。以来、源頼朝をはじめ足利尊氏、里見義実、徳川氏らの武家の信仰を集め栄えました。本尊の木造千手観音立像はクスの木の一本造(高さ1.5m)です。鎌倉末期作の銅造千手観音立像・繍字法華経普門品など多数の宝物があります。境内の多宝搭は、宝暦11年(1761)に造立され、、那古の伊勢屋甚右衛門を願主に、府中の上野庄右衛門、那古の加藤清兵衛など、地元大工によって建てられたことも心柱の墨書銘から明らかで、地域の歴史資料としても注目されます。インターネット
 
 
 
大画面でご覧下さい。
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
イメージ 7
 
 
イメージ 8
 
 
那古寺の住職さんから「おん ばざら たらま きりく」と
三回唱え・・・結願証を手渡して頂き感動しました。
 
 
イメージ 9
 
 
結願証を持って記念撮影 
イメージ 10
 
 
納経帖・数珠玉・香を頂きました。
 
 
イメージ 11
 
 
イメージ 12
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
イメージ 14
 
 
アクアラインから帰り道渋滞にも遭わずに立川20時到着でした。 
ご一緒したひろさん・jujuさん楽しくツアーを送れました・ありがとうございました。