イメージ 1
 
 
2014・2・22
バスは八王子から到着~740立川を出発しました。
9時40分アクアライン~10時50分清水寺~13時40分開花亭で昼食~14時50分那古寺~
17時40分アクアライン~立川20時到着~家に8時20分帰宅
今回は那古寺で結願です~ひろさん・jujuさんと3人で参加しました。
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
イメージ 3
 
 
 大画面でご覧下さい。
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
第32番 音羽山 清水寺(清水観音)
 
詠歌:濁るとも 千尋の底は 澄みにけり 清水寺に 結ぶ閼伽桶
 
 
京都の音羽山清水寺と山号も寺号も同じで、延暦年間に最澄が訪れ庵を結び、その弟子の慈覚大師・円仁が観音像を刻んで安置し、さらに坂上田村麻呂が東征中に堂宇を建立したと伝えられています。仁王門をくぐり、さらに風神・雷神を祀った朱塗りの四天門をくぐると、右に百体観音堂と閻魔堂、左には鎌倉期の十一面観音像を安置する奥の院。そして、正面の石段を上ると、本堂です。お堂の前には決して涸れることがないという「千尋の池」があり、寺の名前の由来にもなっているそうです。インターネット
 
 
 
 
大画面でご覧下さい。 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
音羽山清水寺(清水観音)の仁王門
 
 
イメージ 11
 
 
四天門は入母屋造の楼門で、「音羽山」の扁額を掲げる。
本堂とともに文化14(1817)年に再建されたもの~
 
 
イメージ 7
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
本堂までの坂道の途中に桜の花とブルーの実を見つけました。
 
イメージ 10
 
 
此れからおみやげ市場で昼食です。