イメージ 1
 
 
20131122
今日最後に訪ねたのは何時も春に桃源郷の様な美しい龍殊院でした。
紅葉の季節には来た事がありませんでしたがあまりの美しさに暫し呆然としました。
下記の画像を拡大してご覧下さい。
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
龍殊院はあきる野市の西、清流秋川の北岸の高台にあり。春は桜、
三つ葉つつじ、秋は紅葉と四季の花木が楽しめる寺院です。
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
歴史の中の龍殊院
開山は戸倉光厳寺十世日峰朝和尚で、貞治二年(1363)十一月に開創され六百幾星霜を数え、その間盛衰があったが、徳川家より旧来のまま寺領高九石八斗に封地された御朱印がある寺で、寺紋は三葉葵で本尊は観世音菩薩である。
開基は龍殊軒瑚月凌珊首座で記録によると、公家開基の寺であると記されている。享保八年(1723)、寛政二年(1790)と、わずか七十年足らずの間に二度の大火に遭い、諸記録をほとんど焼失し、寺の詳細は定かでない。
現在の本堂は寛政四年(1792)二十三世春江和尚により再建されたものである。インターネット
 
 
 
                                                                                      
 イメージ 3
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
素晴らしい紅葉をyoutubeでご覧下さい。