イメージ 1
 
2013・6・29
 
朝5時半に起床~お風呂に入って朝食が6時~出発は7時50分です。
 
  
イメージ 2
 
 
 
野生のイルカにあえる海
五和町沖合の海域には、潮流と起状にとんだ海底によって魚類の宝庫となっており、これをえさにミナミハンドウイルカ約200頭が日本近海では希といわれる根付きのイルカとして通詞島沖合の海域を中心に生息しています。インターネット
 
 
小さな漁船でイルカウオッチングに行きました~全速力でイルカのいる所まで
イルカを見た時は興奮しました~動画でイルカを撮るのが難しかったです。
 
 
 
 
 
  
 
イメージ 5
 
 
 
天草五橋(あまくさごきょう)とは、熊本県宇土半島先端の三角(みすみ)から、天草諸島の大矢野島、永浦島、池島、前島を経て天草上島までを結ぶ上天草市内の5つの橋の総称で、1966年(昭和41年)9月24日に開通した。 天草五橋は当初は償還期間39年を見込んだ有料道路であったが、開通により天草への観光客が急増しわずか9年で償還を完了して無料化された。
一号橋から五号橋の間の国道266号および路線に重複する国道324号は、天草で真珠の養殖が盛んなことから天草パールラインと名付けられた。インターネット
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
  
イメージ 7
 
 
 
イメージ 8
 
 
天草 四郎(あまくさ しろう)、元和7年(1621年)? -
 寛永15年2月28日 (1638年4月12日)は、江戸時代初期のキリシタン。
島原の乱の指導者とされている人物で、幕府の攻撃による原城陥落により自害したとされる。本名は益田四郎(ますだ しろう)。諱は時貞(ときさだ)。洗礼名は当初「ジェロニモ」だったが、一時表向きな棄教をしたためか、島原の乱当時は「フランシスコ」だった。一般には天草四郎時貞という名で知られる。本名については愛知時貞(えち ときさだ)という説もある。インターネット
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
1569年、ルイス・デ・アルメイダ神父によってキリスト教の布教が行われたこの地では、1638年の禁教令以後、激しい弾圧を受けながらも240年間に渡って「潜伏キリシタン」として信仰が守られてきた。 この教会は「海の天主堂」とも呼ばれ、教会が建つ漁港一帯は、平成8年、日本の渚百選「キリシタンの里 﨑津」に選ばれ、平成13年には、日本のかおり風景100選「河浦 﨑津天主堂と海」、平成23年には、天草市﨑津の漁村景観が「国の重要文化的景観」にも選ばれている。インターネット
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
熊本城(くまもとじょう)は熊本県熊本市にあるお城で、大坂城、名古屋城と並んで日本三名城の1つです。 城郭は約98万平方メートル(東京ドーム21個分)、周囲は約5.3kmという広大な敷地に、大小の天守閣、櫓(やぐら)49、櫓門18、城門29を備えるという、全国でも有数規模のお城です。 熊本城の歴史は古く、加藤清正が設計し慶長6年(1601年)に築城着手、1607年に完成しました。
熊本城は熊本市中心部の茶臼山(海抜50m)に築かれましたが、地質は熔結凝灰岩で脆く、崩壊しやすい為、山は雨による侵食も目立っていました。 インターネット
 
 
西大手櫓門から頬当御門を通って熊本城へ天守閣からの風景をpageめくりで
 
 
 
 
天主閣からの眺めを動画です。
 
 
 
 
 
本丸御殿大広間の内部 
 
 
イメージ 10
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
17時に熊本城を後にして途中車中で夕食を食べました。
20時に北九州空港に到着です~21時15分発の飛行機で羽田に20時45分着
23時5分発のシャトルバスに飛び乗って立川24時11分~24時37分に我家に到着でした。
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
イメージ 14
 
 
 
楽しかった西九州6島めぐり3日間の旅も終わりです~数えきれない程の思い出を作る事が
出来ました~ご一緒したjujuさん・touyouさんに感謝です~ありがとう!