イメージ 1
 
 
 
                  いよいよ 最後の馬籠宿に到着しました!
 
 
 
イメージ 2
 
  
 
 
馬籠宿(まごめじゅく)は中山道43番目の宿場(→中山道六十九次)で、木曽11宿の一番南の宿場町である。かつては長野県木曽郡山口村に属したが、2005年2月の越県合併により岐阜県中津川市に編入された。明治28年と大正4年の火災により、古い町並みは石畳と枡形以外はすべて消失したが、その後復元されて現在の姿となった。
石畳の敷かれた坂に沿う宿場で、馬籠峠を越えた信州側の妻籠宿(長野県木曽郡)とともに人気があり多くの観光客が訪れる。石畳の両側にお土産物屋がならび、商いをしていない一般の家でも当時の屋号を表札のほかにかけるなど、史蹟の保全と現在の生活とを共存させている。ほぼ中間地点に旧本陣であった藤村記念館(島崎藤村生家跡)がある。インターネット
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
       今回のバスツアーは妻籠~馬籠~奈良井宿でぶらり食べ歩きでした。
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
               お昼のお弁当と夕食は軽いお弁当でした!
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
中山道・木曽路3大宿場町めぐり 妻籠~馬籠~奈良井宿でぶらり食べ歩き!
7人で参加したツアーも楽しく過ごす事が出来ました。
またご一緒できたら良いですね。