イメージ 1
 
 
 2011・10・27
今月のぶろぐっこの会はドライブではなくて中山道・木曽路3大宿場町めぐりです。
3人の方が参加されて7人でバスツアーに出かけました。
朝7時20分(多摩信横の公園)に集合です。
7時半に出発です。良い旅になりますように!行って来ます。
 
 
車窓から
 
 
イメージ 2
 
 
 
寝覚の床
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
寝覚の床(ねざめのとこ)は、長野県木曽郡上松町にある景勝地。
国の名勝に指定されている。
花崗岩の柱状節理でできた奇岩がそそり立つなか木曽川の清流が流れ込む景勝地。浦島太郎がここで昼寝をし、玉手箱を開けて目を覚ましたのが名前の由来とか。インターネット
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
                  奈良井宿を見学して廻ります。
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
奈良井宿は、江戸時代の中山道の宿場町で、古い宿場時代の面影を残しているところです。国の伝統的建造物群保存地区に選定されています。町並みを歩く距離は一キロと短かったが楽しんできました。鳥居峠を越えると、宿の入り口には鎮(しずめ)神社、水場、高札場と続き、なだらかに下り両脇に江戸時代の姿の家並みが続ている。江戸と京の都を結ぶもっとも重要な街道であった中山道。その69の宿場のうち木曽には11の宿があった。中でも奈良井宿は難所と呼ばれた鳥居峠を控え、街道を行く旅人でにぎわい栄えた。杉玉を掲げた酒屋、軒灯りの旅籠、千本格子の家々が軒を連ね、そのにぎわいは「奈良井千軒」といわれたほどだった。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
奈良井宿の鎮守は鎮神社で、町並みの南端の鳥居峠の上り口にあります。創建は12世紀後期に中原兼造が鳥居峠に建立したそうです。
 
 
 
美しい紅葉を見て下さい!
 
 
イメージ 9
 
 
鎮神社から奈良井宿を撮りました!
 
 
 
イメージ 8
 
 
次は妻籠宿に行きます。