明白院(めいばくいん)
明白院は日向山と号し、本尊は勝軍地蔵です。天正年間(1573~1592)に天江東岳を開山とし、三田氏の家臣野口秀房を開基として創立されました。その後、延享元(1744)年に堂宇が再建され、大正年間(1912~1926)に増改築、および内外の整備が行われました。
明白院は青梅七福神のひとつで、福禄寿がお祀りされております。
山門は、木造茅葺の四脚門で、田辺清右衛門の楯ノ館にあったのを、明白院建立の際に移築したものと伝えられています。桃山時代の作風を残しているといわれ、市の有形文化財に指定されています。インターネット

先週日向和田にある明白院にしだれ桜を見に行って来ました。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 
此処は二年前・去年と毎年来ています。今年は忘れていて行った時は
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
満開の時季は過ぎていましたが香りは残っていました。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
家から近いので何時も思い立ったら~~一人で行くのにちょうど良い距離でしょうか。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 
 
イメージ 1

 しだれ梅を大画面で見てください。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 明白院のしだれ梅
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。