イメージ 1

「深大寺」の名称は、仏法を求めて天竺(インド)を旅した中国僧玄奘三蔵を守護したとされる神「深沙大王」(じんじゃだいおう)にちなむと伝える。
天平5年(733年)満功上人が法相宗の寺院として開創したと伝える。859年、天台宗に改宗する。1646年と1865年に火災にあっており、堂宇の大半を失っている。現在の本堂は大正年間の再建である。
本尊は本堂に安置の阿弥陀三尊像。関東では浅草の浅草寺に次ぐ古刹である。

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4



1月7日一日で沢山のブログを作る事が出来ました。ちょっと大変でしたが
皆さんとの思い出が出来た事を嬉しく思います。